ホーム > 病院概要 > 病院沿革

病院沿革

昭和59年3月
郡山青藍病院開設 病床数119床(一般病床:119床)
昭和62年3月
リハビリ棟増築
平成元年2月
病院シンボルマーク誕生
平成元年3月
医療法人青心会設立(野中院長、理事長に就任)
平成2年2月
有限会社青藍メディカルサービス設立
平成7年5月
腰椎椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)開始
平成9年11月
介護老人保健施設ピュアネス藍開設
平成11年8月
居宅介護支援事業所開設
平成18年11月
新病院建築工事完了
病床数変更許可21床増床、医療療養病棟の新設
病床数140床(一般病床:100床、医療療養病床:40床)
平成28年12月
介護付き有料老人ホーム「青藍の郷」開設
定員:48名 室数:46名
平成29年4月
脳卒中センター開設
平成29年7月
脳疾患のセカンドオピニオン外来開設
平成29年8月
地域包括ケア病棟 開設 病床数40床
病院概要

応募はコチラ

このページのトップへ